• somebodyshands

11月のちっちゃなて

ハロウィンが終わったら、世間はクリスマス一色! 今年はイベント関係が軒並み自粛とあいなって、スーパーなどのクリスマス特設会場も例年になく淋しいものでした。

が!

ちっちゃなては、例年通りの11月(笑)


こんな感じでいかがでしょうかー。

早くこいこいサンタさん!!(笑)



11月の工作プログラムは、季節の行事とはまったく関係がありません。

いつもとはちょっと毛並みを変えて、駆動する手作りオモチャ。

『タコ糸電車』

今回の工作は、お子様よりもお母さんの方へ、「がんばってー」コールを(笑)


サロン内で作ることが困難なため、おうちで作れるようにと、ホームページに工作の作り方の特設ページを開設させてもらいましたが、いかがでしたでしょうか。

これもまた新たな試みでありました。



11月のミニミニ講座は、『感染症』


毎年、この時期になると取り扱うのがこのテーマ。

いつもなら、講師の先生に来ていただいて、直接講義を賜るのところなのですが、残念ながら今月もまた資料配布のみです。

今回の資料は、鶴巻地域高齢者支援センターにお願いして、ちっちゃなて用に特別に作っていただきました。


中を開くと、見開きで、諏訪中央病院の玉井医師の直筆による、味のあるイラスト満載のわかりやすいノートが掲載されています。

執筆というよりも、走り書き、に近いものですが(笑)、だからこそ私たちにも親しみをもってわかりやすく感じられました。


新型コロナ感染症の広がり具合が不穏な動きを示し始めた、そんな11月でありました。

2回の閲覧0件のコメント