• somebodyshands

10月のちっちゃなて

ようやく暑さも人心地つき、朝晩が冷え込む季節がやってまいりました。


コロナコロナに明け暮れて、「密になるな」「飲食は控えよ」と、集団活動にはまだまだ規制が必要で。

「この1年、本当にお祭りイベントがなにもないまま終わってしまうのかなぁ・・」などと不安すら感じますが・・。

やっぱり今年のハロウィンも雰囲気を楽しめるのはスーパーの中ばかりで、街の中は例年の賑やかさも鳴りを潜め、淋しい限りです。


ちっちゃなてのサロンの中は、そんな社会情勢に一矢報いるかのごとく(笑)、ハロウインで統一してみました。

せめて雰囲気ハロウィンだけでも、楽しんでいただけたらいいなぁ、と思います。

壁を飾るのは、おばけにコウモリ、

ミイラ男に魔女。ドラキュラもいます。

上空にも、同系統のハロウィンカードが飛び交って?(笑)


10月の工作テーマも、もちろんハロウィン!!


ペーパー芯で作る黒猫ちゃんたちです。


写真の撮り方がね、たまたま光の加減がいい演出になっちゃって、ちょっと雰囲気がホラーめいてるでしょ?(笑)


カメラマンにそんな技術力はないですから、ほんとに偶然の産物。

すごいでしょ(笑)



そして、10月のミニミニ講座は「イヤイヤ期」。

今回も資料配布のみですが、秦野市の子ども家庭

支援課による推薦の、すばらしい資料です。

生まれてはじめての反抗期となる「イヤイヤ期」は、お母さん自身がぶつかる育児の壁でもあります。

子どもたちに対する適切な対応はどうすればいいか、またママ自身の気持ちの切り替え方はどうすればいいかなど、ママと子ども、どちらにもお役立ちの資料となっています。



10月になり、少しずつサロンに新しいお友達も増えました。

同じ地元の同年齢のお友達同士、親子でこれから長い付き合いになるかもしれません。

お互い、「末永く、よろしくね」かな?(笑)

7回の閲覧